【令和3年2月12日(金)】令和2年度 とやま次世代モビリティ研究会 水素ステーション視察 ~FCVと水素エネルギーの将来~ 開催のお知らせ 

受付終了

_「とやま次世代モビリティ研究会」では、最新の技術や市場動向に関する情報の提供、および水素エネルギーをはじめとする、次世代自動車産業に関連する新商品・新技術の開発を支援します。
_今回の視察は、富山県で初めての商用水素ステーションを視察し、水素ステーションFCV (トヨタ新型MIRAI・ホンダクラリティ) の見学と設備・機能の説明を行います。また、富山県における水素エネルギーの普及と今後の展望に関する講演も併せて行います。
_水素ステーションやFCV、および水素エネルギーに関しての最新情報に直接触れるまたとない機会です。今後の新たな技術開発や事業拡大にぜひお役立てください。
(参加者は、県内在住又は勤務の方に限ります。)

【開催概要】

日 時 令和3年2月12日(金) 13:30~15:45 (受付 13:00~)
会 場 (1) 富山問屋センター 流通会館1F 中ホール (集合場所)
___富山市問屋町1丁目3-18   TEL 076-451-9201
(2) 水素ステーションとやま (各自で移動)
___富山市上冨居1丁目3-69  TEL 076-464-6870
内 容 (1) 講演会  13:30~14:30
・講 演
__演 題 :「富山における水素エネルギーの普及と今後の展望
__講 師 : 富山水素エネルギー促進協議会  事務局長 _若 木 洋 介 氏
【講演概要】
__富山県は水力発電をはじめ環境負荷の少ないエネルギー基盤が形成されている日本でも有数の「エネルギー環境先進県」である。また、今後の持続的な成長の為には、富山県ならではのエネルギー基盤の強化が重要である。水素社会の形成は、低炭素社会に寄与するばかりではなく、エネルギーの地産地消による強靭な地域づくりや水素関連産業の創出にも貢献しうる。
_本講演では、富山県における水素エネルギーに関する取り組みや目標について、国のエネルギー政策や社会情勢も踏まえ、分かり易く紹介する。
・説 明
__内 容 : トヨタ新型MIRAIとホンダクラリティFCVついて
__講 師 : トヨタモビリティ富山株式会社・Honda  Cars 富山 本店
(2) 見 学   14:45~15:45
水素ステーションとやま
・トヨタFCV  「新型MIRAI」+ 外部給電器
・ホンダFCV  「クラリティ」 + 外部給電器
定 員 30名    (受付での検温・手指消毒とマスク着用をお願いします。)
参 加 費 無  料
申込締切 令和 3 年 2 月 5 日 (金) ・・・ ( 定員になり次第、締め切ります。)
申込方法 「参加申込書」に記載の上、メール又はFAXにて、事務局菊井宛てにお申し込み願います。

開催案内、参加申込書

開催案内はこちら

「参加申込書」をダウンロードして、e-mail、またはFAX.にて菊井宛てにお申し込み願います。

「とやま次世代モビリティ研究会」のご案内・入会について

お申し込み・お問い合わせ先

こちらの情報に関するお申し込み・お問い合わせは、下記までお気軽にどうぞ。

公益財団法人 富山県新世紀産業機構 イノベーション推進センター 連携促進課 菊井
〒930-0866 富山市高田529番地 富山技術交流ビル1F
Tel.076-444-5636 Fax.076-433-4207
e-mail : m.kikui@tonio.or.jp

  • お問い合わせ一覧
ページの先頭へ戻る
  • とやまの農商工連携
  • とやまの地域資源
  • とやまシニア専門人材バンク
  • サポインマッチナビ中部

公益財団法人 新世紀産業機構

〒930-0866 富山市高田529番地
地図を拡大