【11月15日(金)】ロボットと協働する社会に向けての今後の在り方・対応【とやまロボット技術研究会 第3回技術セミナー】

受付終了
開催日 令和元年11月15日(金)13時30分~16時30分(受付13時~)
会 場 富山県民共生センター サンフォルテ 研修室 303/304号室
(富山市湊入船町6-7 地図はこちら
対 象 ロボット分野への参入、またロボット利活用に関心を持つ企業、大学等の研究機関の方など
定 員 50名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費 無料

セミナー概要

「とやまロボット技術研究会」では、ロボットに関する最新技術や市場動向の情報提供、ならびに新商品・新技術の開発および利活用を支援しています。
今回のセミナーでは、NPO法人RobiZy 及び ロードリーフ株式会社より講師をお招きし、「ロボット協働社会に向けて」を共通テーマとして、「ロボットビジネスの在り方」と「ロボットのムダ取りと人作業の充実化」に関するご講演をして頂きます。今年度最後のセミナーですので、お見逃しなく。

セミナー概要はこちら

講演1

  • テーマ
    「ロボットと協働する社会に向けての今後のロボットビジネスの在り方」
  • 講師
    NPO法人 RobiZy 専務理事 伊東デイビット拓史 氏
  • 内容
    人材不足、高齢化社会を背景にサービスロボットへの期待が高まっている。もはやサービスロボットなしには、日本は立ち行かない。これの普及は喫緊の課題である。一方、サービスロボット技術は年々高くなるも、技術のみでは普及は促進されない。本セミナーでは、ロボットビジネス産業クラスター化を実現し、プレーヤー同士の連携構築に成功しているNPO法人RobiZy(ロビジー)の概要を説明し、如何にロボットビジネスが生み出され続けているかを説明する。

講演2

  • テーマ
    「ロボット協働社会に向けたロボットのムダ取りと人作業の充実化」
    副題:生産性向上と技術技能伝承について
  • 講師
    株式会社ブロードリーフ IoH事業部 産業技術大学院大学 上席研究員 大岡 明 氏
  • 内容
    近年、人協調ロボット、高機能ロボットが身近になると同時に、人の労働環境にも大きな変化が訪れている。大手自動車メーカーのロボット動作のムダ判定方法を例示し、日本の強みと表現される現場カイゼンとロボットの活用について紹介する。また、人作業の理解と充実化の為の動画活用、技の伝承、ロボットへの作業移管などディーセントワーク(働き甲斐のある人らしい仕事)の取り組みについても紹介する。

お申し込みについて

. 参加申込書をダウンロードして下記のFAX番号に令和元年11月8日(金)までお送りください。

とやまロボット技術研究会のご案内・入会について
https://www.tonio.or.jp/info/robotnetwork/

お申し込み・お問い合わせ先

こちらの情報に関するお申し込み・お問い合わせは、下記までお気軽にどうぞ。

とやまロボット技術研究会事務局
公益財団法人 富山県新世紀産業機構 イノベーション推進センター 連携促進課 水原
〒930-0866 富山市高田529番地 富山技術交流ビル1F
Tel.076-444-5636 Fax.076-433-4207

  • お問い合わせ一覧
ページの先頭へ戻る
  • とやまの農商工連携
  • とやまの地域資源
  • とやまシニア専門人材バンク
  • サポインマッチナビ中部

公益財団法人 新世紀産業機構

〒930-0866 富山市高田529番地
地図を拡大