【7月3日(火)】水素活用の最新技術と先進地域の取り組み【とやま水素インフラ研究会 技術セミナー】

受付中
開催日 平成30年7月3日(火)14:00~16:40(受付13:30~)
会 場 富山技術交流ビル 2階研修室 (富山市高田529番地 地図はこちら
定 員 50名
受講料 無料

セミナー概要

平成30年度 水素インフラ 第1回技術セミナー
~水素活用の最新技術と先進地域の取り組み~

「とやま水素インフラ研究会」と「とやま次世代自動車研究会」では、最新の技術や市場動向に関する情報の提供及び、次世代自動車や水素エネルギーに関連する新商品・新技術の開発を支援します。

今回のセミナーは、水素製造から輸送・供給・活用までの現状と、将来に向けての新しい技術を説明していただくとともに、燃料電池の本格普及に向けての技術研究と水素社会実現の取り組みについてご講演をいただきます。

セミナーの概要はこちら

【講演1】

テーマ 「水素製造から貯蔵、利用までの水素エネルギー最先端技術」
講 師 公立大学法人富山県立大学
工学部 環境・社会基盤工学科 准教授  脇坂 暢 氏
内 容 水素社会実現のためには、水素製造だけでなく貯蔵・利用技術の革新的な基盤技術の創出が必要になります。本講演ではNEDOならびにJSTで推進されている水素エネルギー貯蔵・利用に関する最先端研究を紹介します。

【講演2】

テーマ 「燃料電池の本格普及に向けた山梨大学における取り組み」
~燃料電池自動車用材料研究の最先端と水素社会実現に向けた山梨における取り組み~
講 師 国立大学法人山梨大学
燃料電池ナノ材料研究センター センター長 飯山 明裕 氏
内 容  山梨大学では、家庭用燃料電池(エネファーム)や燃料電池自動車の本格普及に資するため、燃料電池の高出力・高耐久・高効率化のための触媒と、電解質材料の材料研究などに取り組んできています。それらの成果を元に、水素・燃料電池関連の新産業を創造して水素社会を実現するために、山梨県と取り組んでいる活動内容を紹介します。

お申し込みについて

. 申込フォームからの申し込み または 参加申込書をダウンロードして、下記のFAX番号にお送りください。
「とやま次世代自動車・エネルギーインフラ研究会」のご案内・入会について
https://www.tonio.or.jp/info/next-cars/

お申し込み・お問い合わせ先

こちらの情報に関するお申し込み・お問い合わせは、下記までお気軽にどうぞ。

とやま水素インフラ研究会・とやま次世代自動車研究会
公益財団法人 富山県新世紀産業機構 イノベーション推進センター 連携促進課
〒930-0866 富山市高田529番地 富山技術交流ビル1F
Tel.076-444-5636 Fax.076-433-4207

  • お申し込みフォーム
  • お問い合わせ一覧
ページの先頭へ戻る
  • とやまの農商工連携
  • とやまの地域資源
  • とやまシニア専門人材バンク
  • サポインマッチナビ中部

公益財団法人 新世紀産業機構

〒930-0866 富山市高田529番地
地図を拡大