【11月6日(月)】高圧水素ガス活用に向けた課題と最新技術【とやま水素インフラ・次世代自動車研究会ワークショップセミナー】

受付終了
開催日 平成29年11月6日(月)14:00~16:40(受付13:30~)
会 場 富山県民会館 7階 701号室
(富山市新総曲輪4番18号 地図はこちら
定 員 40名
受講料 無料

セミナー概要

とやま水素インフラ・次世代自動車研究会 平成29年度 第2回ワークショップセミナー
~高圧水素ガス活用に向けた課題と最新技術~

 

「とやま水素インフラ研究会」と「とやま次世代自動車研究会」では、最新の技術や市場動向に関する情報の提供及び、次世代自動車や水素エネルギーに関連する新商品・新技術の開発を支援しています。

今回のセミナーは、水素環境下でのゴム材料の破壊と水素侵入挙動との関係、および水素ステーション用複合蓄圧器の最新開発事例についてご講演をいただきます。

セミナーの概要はこちら

【講演1】
テーマ:「水素機器用エラストマー材料」
講 師:九州大学大学院 工学研究員 機械工学部門 教授 西村 伸 氏
内 容:
燃料電池自動車への燃料供給を行う水素ステーションでは、各種の高圧水素機器が用いら
れています。これらの高圧水素機器の高圧水素シール材として用いられるゴム材料への高圧水
素の影響について、高圧水素環境下でのゴム材料の破壊と水素侵入挙動、体積膨張挙動との
関係を検討した結果について説明します。

【講演2】
テーマ:「水素ビジネス、わが社の取り組み事例~水素ステーション用複合蓄圧器の開発~」
講 師:サムテック株式会社 高圧ガス容器部長 東條 千太 氏
内 容:
2020 年の東京オリンピックに向け、燃料電池自動車やコージェネレーションシステムを
はじめとする水素社会が注目されています。サムテックでは1996 年から高圧ガス容器の開発
に取り組んでおり、本講では水素ステーション用複合蓄圧器の最新開発事例(製造、安全性、
コスト低減、今後の可能性等)について紹介します。

お申し込みについて

. 申込フォームからの申し込み または 参加申込書をダウンロードして下記のFAX番号にお送りください。

「とやま水素インフラ研究会・とやま次世代自動車研究会」のご案内・入会について
http://www.tonio.or.jp/info/next-cars/

お申し込み・お問い合わせ先

こちらの情報に関するお申し込み・お問い合わせは、下記までお気軽にどうぞ。

とやま水素インフラ研究会・とやま次世代自動車研究会
公益財団法人 富山県新世紀産業機構 産学官連携推進センター 連携促進課 菊井
〒930-0866 富山市高田529番地 富山技術交流ビル1F
Tel.076-444-5636 Fax.076-433-4207

  • お申し込みフォーム
  • お問い合わせ一覧
ページの先頭へ戻る
  • 富山ものづくり産業 未来戦略雇用創造プロジェクト
  • とやまの農商工連携
  • とやまの地域資源
  • とやまシニア専門人材バンク
  • サポインマッチナビ中部

公益財団法人 新世紀産業機構

〒930-0866 富山市高田529番地
地図を拡大