【2月21日(火)開催】第4回医薬品関連ものづくり研究会講演会

受付終了
開催日 平成29年2月21日(火)16時~18時(受付15時30分~)
会 場 高岡市民病院 2階講義室
(高岡市宝町4-1 地図はこちら
対 象 研究会会員
※会員外の方も受講することができます。
受講料 無料
定員 50名(なお、施設見学の受付けは終了いたしました。)
講演参加のみ受付け中です。定員に達し次第締め切ります。

セミナーお申し込みフォーム

概要

講演会では抗がん剤の曝露問題(取扱い時の吸入曝露、針刺し、経皮曝露など)を取り上げ、国、製薬企業が実施している対策と問題点、及び医療現場で使用されているChemoClave®等の最新曝露対策機器についての情報、そして、医薬品に関連する「物の安全」と「使用の安全」だけでなく、「医療従事者と患者の安全」に関する話題を提供します。
今回、高岡市民病院を会場にして、病院施設見学の後、講演会を開催させていただくことになりました。多数のご参加をお待ちしております。

施設見学 ※施設見学は人数制限のため受付けを締め切りました。

◎平成28年10月に開設された包括的がん医療センターに移設した外来化学療法室、ChemoSHIELD®(陰圧式アイソレーター)導入の抗がん剤調製室
◎成28年3月に開設された緩和ケア病棟、薬剤部
を見学します。

講演 ※申し込み受付け中!

. 「抗がん剤曝露の実態とその対策に関する最近の知見」(仮題)
.  同志社女子大学薬学部医療薬学科 臨床薬学教育研究センター 教授 杉浦伸一 先生

●講師紹介

2007年9月第17回日本医療薬学会年会で杉浦先生が発表した「我が国における抗がん剤曝露の現状」は衝撃的な内容であり、全国の病院薬剤部での抗がん剤調製及び安全キャビネット導入が一気に進んだ経緯があります。抗がん剤曝露対策の器具加算に関与され、国際がん薬剤学会(ISOPP)の日本法人・日本がん薬剤学会(JSOPP)を立ち上げ、現在「NPO法人抗がん剤曝露対策協議会」の副理事長を務められています。抗がん剤曝露対策の重要性を啓発し、医師、看護師、薬剤師等の医療従事者だけでなく、抗がん剤使用患者・家族の被ばく対策に取り組まれています。

お申し込みについて

. 参加申込書をダウンロードして下記のFAX番号にお送りください。
「医薬品関連ものづくり研究会」のご案内・入会について
http://www.tonio.or.jp/info/iyakuhinkanren/

お申し込み・お問い合わせ先

こちらの情報に関するお申し込み・お問い合わせは、下記までお気軽にどうぞ。

医薬品関連ものづくり研究会事務局
公益財団法人 富山県新世紀産業機構 産学官連携推進センター 連携促進課
〒930-0866 富山市高田529番地 富山技術交流ビル1F
Tel.076-444-5636 Fax.076-433-4207

  • お申し込みフォーム
  • お問い合わせ一覧
ページの先頭へ戻る
  • 富山ものづくり産業 未来戦略雇用創造プロジェクト
  • とやまの農商工連携
  • とやまの地域資源
  • とやまシニア専門人材バンク
  • サポインマッチナビ中部

公益財団法人 新世紀産業機構

〒930-0866 富山市高田529番地
地図を拡大