「医薬品関連ものづくり研究会」会員募集のご案内

募集 について

富山県・(公財)富山県新世紀産業機構は医薬品生産額日本一を目指し、製薬企業と容器・包装など医薬品関連産業との連携を強化し、付加価値の高い医薬品、県民・国民から選ばれる医薬品づくり・研究開発を支援します。そして、「医薬品関連ものづくり研究会」を設置し、セミナー等で意見交換会や情報共有の場を提供してネットワーク構築に努め、異分野技術のマッチング・相談会(11月2日予定)開催を目指します。より多くの企業の皆様にご参加いただきますようお願いいたします。

研究会の目的

「くすりの富山」として300年を越える歴史と伝統を有する富山県には、多数の製薬企業や、医薬品に関連する裾野が広いものづくり企業が集積し、「薬都とやま」を形成しています。
富山県は、医薬品産業全体の競争力、成長を一層促進するため、県内の製薬企業と医薬品関連産業との連携を強化し、付加価値の高い医薬品の開発を推進しています。
当機構では、医薬品に関連する新技術・新製品の開発に共同で取り組むネットワークを構築するため、意見交換や情報共有の場を提供することで連携を促進するとともに、両者が取り組むものづくり研究開発を支援します。

事業概要

研究開発ネットワーク事業

製薬企業と医薬品関連企業などから構成される「医薬品関連ものづくり研究会(仮称)」を設置し、以下の各種事業を展開します。

  • セミナー等の開催
    医薬品に関する様々な業種の企業関係者がセミナー、ワークショップ等を通して交流、意見交換し、医薬品だけでなく医療現場からのニーズを知る機会を提供します。
  • 製薬企業ニーズ、関連産業企業技術シーズの調査、収集
    当機構のコーディネーターが企業を訪問して調査、収集し、マッチングを図ります。
    ※各コーディネーターには守秘義務が課せられており、コーディネート活動において知り得た情報について、提供者の同意なく、第三者に対して提供、漏えいすることは一切ありません。
  • 異分野技術のマッチング・相談会の開催
    医薬品に関する異分野の技術を展示、相談会を開催し、製品情報、課題等について意見交換を行い、ニーズ・シーズのマッチングを図ります。

医薬品関連ものづくり研究開発支援事業

製薬企業と医薬品関連産業企業が、共同で行うイノベーション創出に取り組む研究開発を補助し、技術的な課題解決を支援します。(公募の詳細は改めてお知らせします。)

募集する対象企業

富山県内に事業所を置く、医薬品関連産業企業及び製薬企業
※新分野展開に興味のある企業・団体・研究機関等、どなたでも加入いただけます。医薬品に関連するものづくり研究開発に関心がある企業の皆様のご参加をお待ちしております。

申込方法

医薬品関連ものづくり研究会(仮称)(募集中) 案内・申込書(Word)
申込用紙に必要事項を記入し、メール、郵送、FAX等により送付してください。

お問い合わせ先

こちらの情報に関するお問い合わせは、下記までお気軽にどうぞ。

医薬品関連ものづくり研究会事務局
公益財団法人 富山県新世紀産業機構 産学官連携推進センター 連携促進課
〒930-0866 富山市高田529番地 富山技術交流ビル1F
Tel.076-444-5636 Fax.076-433-4207

  • お問い合わせ一覧
ページの先頭へ戻る
  • 富山ものづくり産業 未来戦略雇用創造プロジェクト
  • とやまの農商工連携
  • とやまの地域資源
  • とやまシニア専門人材バンク
  • サポインマッチナビ中部

公益財団法人 新世紀産業機構

〒930-0866 富山市高田529番地
地図を拡大